小倉北風俗営業管理者等連絡協議会



【重要】こんな場合は、許可や届出が必要です
  • 1:風俗営業を営む場合は、公安委員会の「許可」が必要です。

風俗営業には、いくつかの種別がありますが、例えば、「設備(店)を設けて客の接待をして飲食させる営業」などが該当します。
※接待の例:お客さんの隣にはべり、継続して談笑の相手となったり、酒等を提供したりする行為や、カラオケをデュエットしたりする行為。

  • 2:深夜酒類提供飲食店営業を営む場合は、公安委員会への届出が必要です。

深夜における酒類提供飲食業者とは、飲食店営業のうち、深夜(午前0時から日出時までの時間帯)において、客に主として酒類を提供する営業をいいます。

無許可営業や無届営業を行うと、法律違反となり、処罰されることがあります。

その他詳しくは、法令集などをご覧ください。

その他連絡先:
福岡県小倉北警察署 生活安全課 防犯係(手続き窓口)
電話番号:093-583-0110 (内線:262 264)
電話受付時間:平日午前9時~午後5時45分