小倉北風俗営業管理者等連絡協議会



ご挨拶

小倉北風俗営業管理者等連絡協議会 会長 中野 哲治

小倉北風俗営業管理者等連絡協議会 会長 中野 哲治

皆様こんにちは、小倉北風営協会長の中野でございます。
本日は、小倉北警察署荻野署長様・小倉北暴力追放推進協議会鮎川会長様を始めとする、ご来賓の皆様のご臨席を仰ぎ、またたくさんの会員の皆様にご出席していただいて、小倉北風営協第33回定時総会を開催するはこびとなりました。
皆様に心からの感謝の気持ちをお伝え申し上げます。ありがとうございます。
さて、2014年にアメリカ国務省から「“ヤクザ”の中でも最も凶暴な団体」と指摘された工藤會も、皆様もご承知の通り、2014年9月11日に実行された頂上作戦によって弱体化されてきています。
この弱体化に合わせて福岡県警は鍛冶町・堺町地区、並びに黒崎地区の繁華街の賑わいを創出することを目的に「繁華街創生プロジェクト」チームを発足させました。このチームは、私たち地元住民の、警察・行政に対する繁華街の「安全・安心の確保」と「賑わいの創出」に関するニ-ズの把握に努め、地元・行政・警察が一体となった繁華街のにぎわいづくりに取り組んでいます。
 この働きかけに対して我々風俗営業者も全面的に協力しなければなりません。

小倉の繁華街に、安全で安心な社会環境が回復し、また市民の意識が大きく変貌しているこの機に及んで、私たち風俗営業者に課せられた課題は、遵法の精神で健全な営業を心がけること、青少年の健全育成に心がけること、また飲酒運転の撲滅のために、酒類を提供する飲食店の責務を遵守しなくてはなりません。
健全化されてきている社会環境に合わせて、私達風俗営業者自身も健全な精神を持ち続けなければならないのです。
 平成27年6月に改正福岡県迷惑防止条例が施行されて以来、客引きに関する苦情が多くなっていることを踏まえて、昨年9月に当協議会では客引き追放ポスタ-を作成して、堺町・鍛冶町地区の電柱にこのポスタ-を張り付けております。
「客引きは、しない、させない、許さない」
風俗営業者による客引き行為は犯罪であると、皆様認識されてください。
私たちは強い闘志と誇り高き使命感を持って、安全で安心な街づくり、青少年の健全育成、そして飲酒運転の撲滅に邁進して行きましょう。
甚だ楚辞ではございますが、会長の挨拶とさせていただきます。

(平成29年4月20日 定期総会にて)

応援メッセージ

福岡県小倉北警察署 署長 荻野 典彦様

福岡県小倉北警察署 署長 原田 大助

皆皆様、こんにちは。2月28日付けで、小倉北警察署長に着任いたしました荻野でございます。
本日は、小倉北風俗営業管理等連絡協議会総会にお招きいただきまして、誠にありがとうございます。 協議会の皆様におかれましては、平素より小倉北区の風俗浄化にご尽力いただいている ことに対しまして、心から感謝申し上げます。
また、「暴追の日」のパトロール活動を始め、風俗業界への暴力団の介入を許さない力強い姿勢には、小倉北警察署といたしましても、大変心強く感じているところであります。
皆様方もご承知のとおり、平成26年9月11日に、工藤會のナンバー1,2の野村、 田上を殺人事件で検挙して以降、波状的に工藤合の主要幹部を検挙しています。今年に入ってからは、建設会社会長射殺事件で、工藤會の主要幹部ら12人を逮捕しました。
さらに公判においては、平成24年の元福岡県警警部銃撃事件や平成26年の歯科医師襲撃事件について、野村を頂点とする組織的かつ計画的な犯行として指揮命令系統が認定され、工藤會の壊滅に向けた追い風となっています。これも、協議会の皆様をはじめとした地域の皆様の、平素からの警察活動に対するご理解とご協力の賜物だと思っております。
今後も組員を徹底検挙し、工藤會の壊滅に向けて取り組んでいく所存でありますのでご協力をお願いいたします。
また、工藤會対策が大きく前進しているこの時期を契機と捉え、小倉北警察署では「小倉北繁華街創生総合戦略」と銘打って、「暴力団検挙・排除」、「繁華街浄化」及び「繁華街活性化」を3本柱とした総合的な施策を推進しています。 各課が併せ持つ情報を集約し、様々な角度から創意工夫を凝らした施策を推進していくことにより、堺町周辺地区におけるあらゆる治安事象に的確に対応するとともに、繁華街から工藤會を排除し、その資金源を封圧することで健全で魅力溢れる繁華街・歓楽街を実現すべく総合力を発揮した戦略を推進していくものであります。
小倉北警察署では、今後も協議会の皆様方と連携しながら「安全で安心なまち小倉北区 の実現」に向けて取り組んでまいりますので、皆様方には更なるご尽力をお願いいたします。
結びになりましたが、中野会長を始め、協議会の皆様の今後ますますのご活躍とご健勝を祈念いたしまして、私の挨拶とさせて頂きます。

(平成29年4月20日 定期総会にて)


応援メッセージ

小倉北暴力追放推進協議会 小倉北区長 鮎川 典明様

小倉北区長 田島 裕美

 皆様こんにちは。小倉北区長の鮎川です。本日は小倉北区暴力追放推進協議会長として伺いました。本総会にお招きいただきありがとうございます。

皆様には、毎月18日に堺町公園で実施している「暴追の日」への参加をはじめ、平素から、防犯活動や暴追運動など、安全で安心なまちづくりにご尽力を賜っています。
中野会長をはじめ会員の皆様方には、厚くお礼申し上げます。

 暴力のない安全で安心なまちの実現は、市民の大きな願いです。
昨年12月に発表しました市民意識調査では、市政評価の項目で「防犯、暴力追放運動の推進」が2年連続の第1位となりました。
これも皆さまの日頃からの取り組みの成果であると思います。重ねてお礼申し上げます。

現在、本市では防犯カメラの設置補助制度や通学路の防犯灯の補助制度拡充など、防犯に対する施策を強化しております。これらの施策とともに、「防犯・暴追運動の推進」は、行政、警察、関係機関、市民、事業者の方々との連携が極めて重要かつ不可欠です。
これまで以上に皆さまのご協力を得ながら、小倉北区が「安全で安心なまちだ」と感じてもらえるよう努力していきたいと考えています。

さて今春には、小倉駅新幹線口にギラヴァンツ北九州の本拠地となるミクニワールドスタジアム北九州がオープンしました。これまで以上に多くのサッカーファンの方等が、この小倉都心部を訪れることと思われます。来訪者の方に活気ある繁華街のイメージを伝え、本市の魅力を発信する機会がこれまで以上に増加することと期待しています。

「誰もが安心して楽しめる、賑わいの場」となるよう、更には、飲食店等で働く皆様方の安全・安心も確保する、この環境づくりに努めて参りたいと思います。引き続き、皆様方のご支援・ご協力のほどお願いいたします。

結びになりますが、風営協のますますのご発展と会員皆様のご健勝とご活躍を祈念いたしまして、私の挨拶といたします。

(平成29年4月20日 定期総会にて)

過去のご挨拶