小倉北風俗営業管理者等連絡協議会|ご挨拶

小倉北風俗営業管理者等連絡協議会



ご挨拶

小倉北風俗営業管理者等連絡協議会 会長 中野 哲治

小倉北風俗営業管理者等連絡協議会 会長 中野 哲治

皆様こんにちは、小倉北風営協会長の中野でございます。
本日は、小倉北警察署荻野署長様・小倉北暴力追放推進協議会鮎川会長様を始めとする、ご来賓の皆様のご臨席を仰ぎ、またたくさんの会員の皆様にご出席していただき、小倉北風営協第34回定時総会を開催するはこびとなりました。
皆様に心からの感謝の気持ちをお伝え申し上げます。ありがとうございます。
2003年8月に発生したクラブ襲撃事件によって日本一危険な街と呼ばれた小倉の街も、昨年、天皇皇后両陛下が小倉でご連泊されたことによって、治安が回復し、日本で一番安全で安心な街であるということを天下に示すことができました。
10数年に渡って、警察・行政・市民が一体となってスクラムを組んで、安全で安心な街づくりに邁進してきたことで、このような喜ばしいことになったのだということを、私たちは固く心に刻まなければならないと思っています。
 さて、マスコミの影響もありまして風俗営業といえば性風俗と混同される傾向がありますが、性風俗とは異なり、風俗営業は心の娯楽に関わる営業であると認識しなければなりません。心を癒し心を和ませ、明日への活力となる。これが風俗営業であるということに、私たちは誇りを持たなければならないと思っております。
小倉の繁華街に、安全で安心な社会環境が回復し、また市民の意識が大きく変貌しているこの機に及んで、私たち風俗営業者に課せられた課題は、遵法の精神で健全な営業を心がけること、青少年の健全育成に心がけること、また飲酒運転の撲滅のために、酒類を提供する飲食店の責務を遵守しなくてはなりません。
健全化されてきている社会環境に合わせて、私達風俗営業者自身も健全な精神を持ち続けなければなりません。
私たちは強い闘志と誇り高き使命感を持って、安全で安心な街づくり、青少年の健全育成、そして飲酒運転の撲滅に邁進して行きましょう。
甚だ楚辞ではございますが、会長の挨拶とさせていただきます。

(平成30年4月19日 定期総会にて)

応援メッセージ

福岡県小倉北警察署 署長 荻野 典彦様

福岡県小倉北警察署 署長 原田 大助

皆さま、こんにちは。小倉北警察署長の荻野です。
協議会の皆様におかれましては、平素より小倉の風俗環境浄化にご尽力いただいていることに、心から感謝申し上げます。また、「暴追の日」の活動をはじめ、暴力団の介入を許さない強い姿勢には、大変心強く思います。
皆さまもご存じのとおり、工藤會撲滅作戦においては平成26年9月以降、波状的に主要幹部をはじめ多数の組員を検挙しております。さらに、一部裁判の始まった凶悪事件においても、野村を頂点とする組織的犯行として指揮命令系統が認定され、工藤會撲滅に向けた追い風となっています。
これも、皆様をはじめたくさんの関係者の方々の平素からのご理解とご支援があってこそだと確信しております。今後も、捜査の手を緩めることなく、工藤會の壊滅に向けて取り組むとともに、市民の皆様の安全と安心を確実にお守りいたします。
そして、今や、多くの方々の皆様のご尽力によって、小倉の繁華街では賑わいづくりに向けて様々な取り組みが行われ、先日も堺町公園にて、小倉繁華街PR大作戦オープニングイベントが開催されるなど、ますます元気ある街になっています。
今後も皆さまとしっかりと連帯し、健全で賑わいのある繁華街の実現、そして「日本で一番安全で安心なまち小倉北区の実現」に向けて取り組んでまいりますので、引き続きご支援、ご協力をお願いいたします。
結びになりますが、中野会長をはじめ、協議会の皆様のますますのご活躍とご健勝を祈念いたしまして、私の挨拶とさせていただきます。

(平成30年4月19日 定期総会にて)


応援メッセージ

小倉北暴力追放推進協議会 小倉北区長 鮎川 典明様

小倉北区長 田島 裕美

本日は小倉北暴力追放推進協議会会長として、本総会にお招きいただきありがとうございます。
中野会長をはじめ皆様方には、毎月18日に堺町公園で実施している「暴追の日」への参加をはじめ、平素から、防犯活動や暴追運動など、安全で安心なまちづくりにご尽力をいただき感謝申し上げます。
昨年10月に、今上天皇皇后両陛下に27年ぶりに行幸啓いただき、本市にご宿泊いただいたことは、とても喜ばしいことでありました。
また市民意識調査の市政評価の項目で「防犯・暴力追放運動の推進」が3年連続の第1位になったことは、このまちの取り組みが認められた証だと思っています。これも皆さまの日頃からの取り組みの成果であり、重ねてお礼を申し上げさせていただきます。
今年の3月には、小倉を魅力あるにぎわいに満ちた繁華街にしたいという取り組みである「小倉繁華街PR大作戦」がスタ-トしました。
この大作戦は、繁華街のにぎわいにつながる様々な取り組みにより小倉のまちを盛り上げ、その魅力を国内外に発信するとともに、誰もが安心して楽しむことのできる繁華街づくりを進めるものであります。
事業者団体や地域住民、市、警察などが一体となって活動をおこなっていますが、こういった夜の繁華街を活性化させるプロジェクトに、警察が積極的に関与することは、全国的にも例のないことだと伺います。この場を借りて、福岡県警にもお礼を申し上げさせていただきます。
「誰もが安心して楽しめる、賑わいの場」となるように、今後も努力して参りたいと思っています。
皆様方にも引き続き、ご支援・ご協力のほどをお願いいたします。
むずびに、風営協のますますのご発展と会員の皆様のご健勝とご活躍を祈念して、私のご挨拶とさせていただきます。

(平成30年4月19日 定期総会にて)

過去のご挨拶